大会概要(2020年度で終了しました)

スモウルビー甲子園は、将来のIT産業を担う人材の育成を目的に、子ども達に楽しみながらプログラミングに接する機会を提供しようと、島根県をはじめとする産学官で構成する実行委員会が開催しています。

本大会では、小中高生(18歳以下)の方を対象にビジュアル・プログラミングツール「スモウルビー」で作ったAIプログラムを募集し、このAIプログラム同士が、ゲームを舞台に対戦し得点を競います。

第1回~第4回決勝大会はくにびきメッセ(松江市)で行い、第5回~第6回決勝大会は新型コロナウイルスの感染拡大防止のためオンラインで実施しました。

オンライン配信画面
配信会場
配信会場

ゲームルール

  1. AIプログラムが、ゲームのプレイヤーキャラクタを操作します。
  2. ゲームは2つのAIプログラムによる対戦形式で行い、得点により勝敗を決定します。
  3. 得点は、ゴールボーナスと加点アイテムによる加点、減点アイテムと妨害キャラクタの接触による減点で得点を計算します。

くわしくはこちら

募集内容について

募集作品

スモウルビーで作成した本大会ゲーム用のAIプログラム

募集対象

小中高生(18歳以下)の個人又はグループ(2002年4月2日以降生まれの方)
※グループ参加の人数制限はありません。
※個人・グループ参加の別を問わず、一人の方が複数エントリーすることはできません。

決勝大会開催概要

決勝大会は、予選上位24組によるトーナメントで優勝を競いました。また準決勝までの敗退者による特別賞決定戦を行いました。

表彰内容

次のとおり表彰及び副賞の授与を行いました。

優 勝 賞状・盾・15万円相当の副賞(PCまたは図書カード)

準優勝 賞状・盾・10万円相当の副賞(PCまたは図書カード)

第三位 賞状・盾・5万円相当の副賞(タブレットまたは図書カード)

特別賞 賞状・盾・3万円相当の副賞(図書カード)

決勝大会出場記念

決勝大会出場者全員に「スモウルビー・プログラミング甲子園2020」参加記念品を進呈しました。